第3回タングステン杯

第3回タングステン杯 2018/04/29(日) / 個人戦 / 定員:64人 / 参加費:1000円

この度、タングステン杯の主催をさせていただきますキラ・ヒビキです。東海・名古屋圏で大型の大会が開かれていない現状をなんとかしたいと思い、今回の大会を企画しました。様々な方と交流できる絶好の機会かと思いますのでたくさんの方の参加をお待ちしております。また、場所が入りやすいカードショップであることやサブイベントで今まで見たことのないゼクスを体験できるイベントも用意してますので、普段こういった大型大会に出たことのない人も是非参加の方を検討してみてください。よろしくお願いします。

大会名

第3回タングステン杯

開催日

2018/04/29(日)

開催場所

愛知県 トレカプラザ55上前津店 デュエルスペース

対戦形式

個人戦(予選スイス 6回戦 + 決勝トーナメント 3回戦)

定員

64人

参加費

1000円 / 1人

抽選方法

先着順

大会参加するために必要な物です。必ず持参して下さい。
  • 大会に使用するデッキ
  • 対戦時に必要なもの(筆記用具等)
  • 参加費
  • 当初、「デッキシート」とありましたがデータはアップされてないので当日運営が用意します。
10:00~10:30 大会受付
10:30~ 開会式
10:40~ 予選スイスドロー1回戦
11:30~ 予選スイスドロー2回戦
12:40~ 予選スイスドロー3回戦
13:30~ 予選スイスドロー4回戦
14:20~ 予選スイスドロー5回戦
15:10~ 予選スイスドロー6回戦
16:00~ 決勝トーナメント出場者発表
16:10~ 決勝トーナメント1回戦
17:00~ 決勝トーナメント2回戦
17:50~ 決勝トーナメント3回戦
18:40 表彰式

※当日の進行具合により、スケジュールが変更される場合があります。


形式
すべて個人戦。予選スイスドロー6回戦、決勝トーナメント3回戦

予選の勝ち点は勝ち3点、負け0点、引き分け1点で計算します。

上位8名が決勝トーナメントに出場することができます

予選、本戦での全ての試合を通して、1試合30分1本制とします。
時間内に試合が終わらなかった場合、エキストラターンを1ターン行います。
エキストラターンで勝敗がつかなかった場合、エキストラターン終了時のライフの多いプレイヤーの勝利とします。
エキストラターン終了時にライフが同じだった場合、予選では引き分けとし、本戦ではサドンデスを行います。

サドンデス どちらかのライフが変動するまで試合を継続し、変動があった時点でライフの多いプレイヤーの勝利。ただし、ライフリカバリーが発動した場合はその分のライフは変動しなかったこととして試合を続行します。

予選本選通してIDは禁止です。
デッキ変更は不可。

タングステン杯は最新のZ/X総合ルールを採用します。
カード処理の裁定は原則として公式のQ&Aの回答に準じてジャッジを下します。
回答が出てないものに関しましては当日のヘッドジャッジの判断で処理を行います。

対戦相手の過度なスロープレイや遅延行為が目に付いた場合はジャッジを呼ぶことが可能です。
状況を見て判断し、場合によっては警告から始まるジャッジを下します。

サレンダー(投了)を認めます


・観戦について

本戦は全て観戦を許可致します。
本戦に出場されないかたでも可能です。
観戦者でも不正行為やルール上間違った行為が行われた場合、ジャッジを呼ぶことができます。
ジャッジが呼ばれた卓はプレイを中断してジャッジの判断を待って下さい。(対戦時間に関してはプレイを中断していた分ロスタイムを設けますので焦らずジャッジをお待ち下さい)

プレイヤーに対する煽りや助言等は絶対にやめて下さい。
最悪退場という措置をとらせて頂きます。

また、対戦中のプレイヤーは対戦者およびジャッジ以外に話しかけないでください。



1位

Z/X最新弾1箱+10パック

2位

Z/X最新弾1箱

3位

Z/X最新弾8パック

4位

Z/X最新弾5パック

ベスト8

Z/X最新弾3パック

参加賞

シングルチケット300円分

注意点

当日の参加人数によって上位賞の内容が変更になる可能性があります。予めご了承下さい。

会場 愛知県 トレカプラザ55上前津店 デュエルスペース
住所 愛知県名古屋市中区大須3丁目-46-9
案内

地下鉄名城線・鶴舞線上前津駅九番出口を北へ進み最初の通りを左に曲がって少し行くと左側に見えてきます。1階の佐川急便の営業所が目印です。


Z/X 2pick対戦会

ゼクス 2Pick
1. 2Pick とは
2Pick とはその場で引いたカードを用いて、即席で作ったデッキで試合を行う対戦方
式のこと。いわゆるリミテッド戦の一種(シャドウバース攻略 wiki より引用)。
2. ルール
ランダムに選出された 2 枚 1 組のカードが 2 組表示されていくので、片方を選択す
る。それをくり返すことでデッキ作成を行う(シャドウバース攻略 wiki より引用)。
ゼクスの場合、スタートカードやイグニッションアイコンを持つカードに枚数の制限
があるため、カードの種類によってピックの山を分ける。
ピックをする順番は以下の通り。
I. プレイヤーカード:10 種類(メインデッキにプレイヤーを指定するカードは無い
が、デュナミスで使用する。デュナミスに関するルールは 3.を参照)。ランダムに
選出された 3 種類のプレイヤーカードから 1 枚を自分のプレイヤーとして使用す
る。

II. スタートカード:各色 2 枚、計 10 枚のうち 3 枚が提示され、そのうち 1 枚をスタ
ートカードとする。

III. イグニッションアイコンを持たないカード:各色 20 枚、計 100 枚のうち、29 枚
のカードを自分のデッキに加える(スタートカードを加えて 30 枚)。50 枚に分け
た束の上から 2 枚ずつを公開し、使用したいほうをピックする。2 枚ずつピックし
ていくと、偶数のため 29 枚にならないので、15 回目のピックは、山の上から 1
枚ずつ見て、1 枚ピックする。

IV. イグニッションアイコン
IV-1.レベルアッパー:ゼクス 2Pick は基本的にウェイカーレベルを上げながらゲームを進めていく。非イグニッションアイコンのカードもウェイカーレベルを持ったカードがほとんどである。そのため、イグニッションアイコンの 12 枚(ライフリカバリー、ヴォイドブリンガーを除く)は、現状存在する汎用性のあるウェイカーアッパーを使用する。2 つに分けた山の上から 2 枚ずつ見てピックをする。これを 6 回行う.。

IV-2.ライフリカバリー:ライフリカバリーはデッキに 4 枚までしか入れられない
というルールがあり、これまでと同様に 2 枚ずつ見てピックすると 2 回で終わっ
てしまうため、上から 1 枚ずつ見てピックする試行を 4 回行う。

IV-3.ヴォイドブリンガー:ライフリカバリーと同様である。

ゼクスならではの特殊ルール
ゼクスにはメインデッキ外の領域からカードをプレイすることのできる、ゼクスエク
ストラというシステムがある。しかし、これもピックしていたらかなりの時間を要し
てしまうため、このゼクス 2Pick では、「ゼクスエクストラを各種 1 枚ずつ、対戦相手
と共用で使用する。」というルールを設けた(使用できる枚数は公式ルールと同じ 10
枚)。
I.において、プレイヤーカードを指定したが、ゼクスエクストラにはプレイヤー指定
能力を持つカードがあるため、ここでプレイヤーカードの存在価値が生まれる。
※デュナミスは共用であるが、プレイヤー指定のカードはそのプレイヤー以外がプレ
イすることができず、アッパーで表にすることもできない


キラ・ヒビキ

主催です。今回はヘッドジャッジもさせていただきます。


サバ

運営の手伝いをしてくださるとともにサブイベント「Z/X 2pick」の進行を担当します。


にこにー

本会場での運営経験もあり、全体のフォローをしていただきます。


law

ゼクス復帰に向けリハビリ中。人手が足りない中、手伝いを快く承諾してくださいました。


Twitterでシェア
LINEでシェア

■イザジンについて

「大会をもっと開催しやすく!」
をコンセプトにサービスを運営していきます。一つのイベントを行うにしても様々な準備が必要です。 どう頑張っても効率化できないところもあります。その場所に注力し、効率化できるところは効率化する。大会主催者様のお手伝いが少しでもできればと考えてます。

皆様の大会イベントが成功することを祈っています。

Copyright © 2015 haneman LLC. All Rights Reserved.