PJCS2018レギュ対戦会「疾風怒濤杯」

PJCS2018レギュ対戦会「疾風怒濤杯」 2020/08/02(日) / 個人戦 / 定員:32人 / 参加費:1500円

おはこにゃばちにんこ。
ロロたんぬです。

久々にちゃんとした対戦会を企画しました。

前々から、もうこたんめんのみんなで「やろうやろう」って言ってた
レギュレーションで開催することにしました!

あの感動や興奮をもう一度。
たぶん歴代ポケカの中で1番スタンダードレギュレーションのカードプールが広かった時代。
そのPJCSで見事優勝したのは、最新弾のレックウザGXでした。

あれから2年。
今、このレギュレーションを復活させたら、
いったい何が勝ち上がるのか?
いったい誰が勝ち上がるのか?
この目に焼き付けたいと思います。

大会名

PJCS2018レギュ対戦会「疾風怒濤杯」

開催日

2020/08/02(日)

開催場所

東京都 新宿区高田馬場4-11-10 VORT高田馬場5F

対戦形式

個人戦(予選スイス 5回戦)

定員

32人

参加費

1500円 / 1人

抽選方法

先着順

大会参加するために必要な物です。必ず持参して下さい。
  • 大会に使用する「デッキ」
  • デッキレシピは事前提出制です。期日を守って提出してください。
  • 対戦に必要なもの(筆記用具、ダメカン、GXマーカー等)
  • 身分が確認できる物(当日確認する場合がございます)
  • 大会参加費
  • デッキレシピは事前提出制です。大事なことなので2回。
11:00~12:00 大会受付
12:15~ マッチング・開会式
12:30~13:20 スイスドロー1回戦
13:40~14:30 スイスドロー2回戦
14:50~15:40 スイスドロー3回戦
16:00~16:50 スイスドロー4回戦
17:10~18:25 スイスドロー5回戦
18:30 表彰式・解散

※当日の進行具合により、スケジュールが変更される場合があります。


☆レギュレーション2018年6月に開催されたPJCSルールで行います。
当時のスタンダードレギュレーション(XY1~SM7)60枚デッキでの対戦です。
※先攻プレイヤーの最初の番、サポートが使えます。

※公認大会のため、プロキシ使用不可(再録カードの使用は可能です)

7/31(金)23:59までに、公式ウェブサイト上で発行したデッキコードを送付すること

※デッキコード送付先については、受付時に共有いただいたメールアドレス宛にお送り致します。
期日までに送付が確認できない場合、失格と致します


☆対戦形式2本先取(BO3)によるスイスドロー形式 全5回戦

☆制限時間第1回戦~第4回戦 50分
第5回戦のみ 75分

終了コール時点で決着がついていない場合
終了コールがあった時点のプレイヤーが先攻プレイヤーか後攻プレイヤーかで、制限時間は異なる。
終了コール時点で決着がついておらず、 終了コール時のプレイヤーが、
→先攻で対戦を始めているプレイヤーだった場合、後攻で対戦を始めたプレイヤーに番を1回追加する。
→後攻で対戦を始めているプレイヤーだった場合、番は追加しない。(その番は最後までプレイできる。)

制限時間終了時に、
「公式大会および公認大会における勝敗規定」によりゲームまたは試合の決着がついていない試合は、
以下により勝敗を決定。

①第1ゲームの途中で制限時間となった場合
〇サイドの残り枚数が少ない選手がその試合の勝者となる。
〇サイドの残り枚数が同じ場合
 ⇒延長戦を行い、勝利条件を満たす、もしくはサイドが先により少なくなった選手がその試合の勝者となる。

②第2ゲームが終了する前に制限時間となった場合
〇第2ゲームが始まっていない、またはお互いのサイド残り枚数が共に3枚以上の場合
 ⇒第1ゲーム勝者が試合の勝者となる。
〇どちらかの選手のサイド残り枚数が2枚以下の場合
 ⇒サイドの残り枚数が少ない選手がそのゲームの勝者となる。
〇お互いのサイド枚数が2枚以下で、同じ枚数の場合
 ⇒延長戦を行い、勝利条件を満たす、もしくはサイドが先に少なくなった選手がそのゲームの勝者となる。
〇「公式大会および公認大会における勝敗規定」で引き分けとなる場合
 ⇒サドンデス(サイド"6枚"で対戦)を行い、サイドの差がついた時点で、選手がそのゲームの勝者となる。
  第2ゲームの勝者が第1ゲームの勝者と同じ場合は、その選手が試合の勝者となる。
  第2ゲームの勝者と第1ゲームの勝者が異なる場合は、サドンデスを行い、勝利した選手が試合の勝者となる。

③第3ゲームが終了する前に制限時間となった場合
〇サイドの残り枚数が少ない選手がその試合の勝者となる。
〇第3ゲームが始まっていない場合、またはサイドの残り枚数が共に同じ場合
 ⇒延長戦を行い、勝利条件を満たす、もしくはサイドが先により少なくなった選手がその試合の勝者となる。
〇「公式大会および公認大会における勝敗規定」で引き分けとなる場合
 ⇒サイド6枚でのサドンデスを行い、勝利した選手がその試合の勝者となる。

④上記いずれの場合にもあてはまらない場合
サイド6枚でのサドンデスを行い、勝利した選手がその試合の勝者となる。 

その他の詳細は、下記リンクよりご確認下さい。(別ウィンドウで開きます。)


1位

優勝楯

2位

準優勝楯

3位

3位楯(2名)

参加賞

200円分金券

ずんだもちとーま

とーまめん。
ポケモンカード新人戦の言い出しっぺ。
グラシデア杯やタイプマスター決定戦など主催。


まさき

まさきんぐ。
ポケモンカード新人戦のどちゃかっこいいタイトルロゴを書いた人。
もうこたんめん内で、過去レギュに一番熱意があると思う。


Twitterでシェア
LINEでシェア
Google
カレンダーに追加

■イザジンについて

「大会をもっと開催しやすく!」
をコンセプトにサービスを運営していきます。一つのイベントを行うにしても様々な準備が必要です。 どう頑張っても効率化できないところもあります。その場所に注力し、効率化できるところは効率化する。大会主催者様のお手伝いが少しでもできればと考えてます。

皆様の大会イベントが成功することを祈っています。

Copyright © 2015 haneman LLC. All Rights Reserved.